会社案内

アグリ植物工場 Aguri Plant Factory

← 戻る
植物工場 完全攻略〜設備コストを半額に!小・中規模でも勝ち残れる植物工場を実現!!〜
2019年1月よりヘイケボタルの養殖を行い、約3,000匹の幼虫が立派に育ちました!
倉敷市役所近くの自社ビル内に植物工場を構えています。

栽培室内の棚にはレタスが一面に並びます。
植物工場産商品紹介
植物工場野菜ながら,地域性を活かした商品展開をしています。この他にも新商品は続々登場しています。

主力商品「倉敷れたす」、山陰地方限定販売「どげな?」シリーズ
植物工場産商品紹介
植物工場野菜ながら,地域性を活かした商品展開をしています。

1:農薬不使用、2:安定生産、3:安定品質、4:衛生的
実績事例(エディブルフラワー)
【エディブルフラワーとは?】・・・Edible(食べられる)Flower(花)の通り,食用花の事を指します。 特別な日や人が集まるパーティーをオシャレに演出することができます。 可能な限り農薬を減らして栽培する必要のあるエディブルフラワーと密閉した空間で農薬不使用で栽培できる植物工場の相性はマッチしているといえます。

水耕栽培の安心&安全「エディブルフラワー」。水耕栽培なので日持ちし、そのまま食べられます!天候に左右されず安定生産!少量から納品OK!!
実績事例(高麗人参)
オタネニンジンに関する論文を調査し,栽培期間の短縮の調査研究を進めています。

高麗人参(オタネニンジン)実験中!
実績事例(高麗人参)
植物工場コンサルティング業務
日本で唯一、ビルの上層階で植物工場を運営し、商用生産しています。ここで蓄えた技術で実際の業務に即した生きた情報を提供することができます。 千葉大学・山口大学・岡山大学と各種研究機関と提携し、新品種開発や衛生管理の技術向上に努めています。また、各地域の特徴を生かした商品開発や貴社の地域性を活かした独自ブランドの構築を支援します。 当社では倉敷ブランド(倉敷れたす)・山陰ブランド(どげなれたす)を開発し、ご好評を頂いています。

「サービスメニュー」

モジュール
当社モジュールの特徴
ご用命は実際の植物工場運営実績のある当社まで!現地調査・設計・見積もりまでは無償で行います。

まずはお気軽にお問い合わせください!
086-430-0123
086-430-0124
Asahiの豆知識 旭テクノプラントでは「人材」ではなく「人財」と表現します! 詳しく見る
お問い合わせはこちら